明るい未来のために今すべきこと
それは将来を見据えて経営計画を作ることです
私たちがよく耳にするこんな悩み・・・

「事業を拡大したい」 「融資を受けたい」
「従業員の活性化を図りたい」 「後継者・幹部を育てたい」
「資金繰りが厳しい…」 「会社の将来に不安がある」
「新しい事業を始めたい」

これらを一度に解決できる方法が経営計画の作成です。
じっくり自社を見つめ直し、明るい未来を描きましょう。

広告代理業を営むK社は、借入返済が困難なためリスケジュールを行い、返済猶予を受けていました。そこで、企業体質を変えるために将軍の日を行い、明確な中期ビジョンの作成をしました。
また翌年より中国進出を予定していたこともあり、単年度計画を作成し、予実管理の会議を毎月行うことにしました。この会議を通じ、管理職のモチベーションもあがり様々な意見が出てくることで次の戦略が明確になり、売上、利益とも順調にUPしていきました。
現在は借入金も正常先へランクアップしました。行動目標とキャッシュフローを意識し次への展開の戦略を高めていくことで企業成長が行えます。

将軍の日〜 経営計画の作成

5年間の経営計画を作成する実践的なセミナーを私たちは将軍の日と呼んでいます。経営者の方だけでなく、従業員の方の参加もOKです。経営計画書では、売上、利益、人事、投資設備など、あらゆるシミュレーションが出来るだけでなく、5年間の資金繰りまで確認できます。

将軍の日 タイムスケジュール表

※進行の状況により時間が変更になる場合がございます。上記スケジュールは一例になります。

MAS監査 ~行動目標管理/数値達成管理~


将軍の日で描いた5年後の姿を目指すべく、実践、そして検証を行わなければなりません。
計画を立て、いざ実践してみると、思ったように進まない…なんてことになるかもしれません。うまく進まないのならば、やめる!ではなく、何が問題なのかを検証し、経営計画の軌道修正が必要となります。
もちろん計画通りに進んでいる場合であっても、検証をし、次に繋げる必要があります。この検証がうまく出来ず、経営計画書がただの紙切れ…なんてことにならないよう、私たちがサポートを行います!